チェリービックダイニング納品

夕方から、100kmほど走って納品。
ナビなしの車ゆえ、WEBからルート図を印刷し
その指示通りに走っていく。
いわば、紙ナビ・・といったところだ。
迷うことなく、スムーズに
目的のお宅近くにかなり早めにたどり着く。
ホンマモンのナビって凄いんだろうな~、
紙ナビですら、こんなに便利なんだから。。。
欲しいね、やっぱり、ナビ付車。

お子様数人のまだ、お若いご夫婦。
立派なご自宅です。
偉いもんです。
それも、
とてもお洒落なご自宅です。

今回はテーブルがかなり重いために、ご主人の手を借りなければならず、
この時間での納品となった。

スタンダードダイニングテーブル

奥様もお手伝いくださり、
お子様たちの楽しい、たくさんの掛け声もあり
無事、所定の位置に設置。

広いリビングのコーナー。
まさに、完璧なマッチングです。
チェリーの色合いも
どっしりとした2100mmロングテーブルの雰囲気も
空間に自然に溶け込んでいて
収めた自分も、ホッと一息です。

スタンダードダイニングテーブル

これから、この空間で、
子供たちの成長とともに
この家具たちもしっかりと馴染み、
色合いを濃くし、
味わいを深めていくのでしょう。
楽しみです。

那須高原 じざい工房 小林康文のテーブル

製作が大変なら大変な分だけ
返ってくる喜びも大きくなる。
この方程式を体感するからこそ
踏ん張る力も湧いてくるのでしょうね。

スタンダードダイニングテーブル

「これ、お帰りの途中でも、食べてください」
と渡された紙袋。
ラーメン後遺症の胃も垂れも峠を越し、
東北道のサービスエリアで秋の星を眺めながら頂いた。
サンドイッチの詰め合わせとアンパン、そしてペットボトルのお茶。
《あの時間での納品なら、きっと食事はまだなんだろう》
との心配り。
ああ、
お若いご夫婦のその思いの置き所に頭が下がる。
感謝、感謝。。。
嬉しさが重なるね。

さあ、明日早朝は700km走行です。
青森、弘前まで。

コメントへのご返事が遅れるかと思います。
ご容赦くださいm(__)m。

コメント


認証コード4356

コメントは管理者の承認後に表示されます。